2013.1㈱ 輝陽は工場を移転。最新技術を駆使した 新しい医療廃棄物の処理工場です。
輝陽

<ご挨拶>

自然環境の崩壊が年々進んでいる今日。
地球規模で自然環境を守って行くことが強く求められています。
我々は何をやるべきなのか。
我が国もCO2削減環境に寄与した問題を真剣に取り組んでいく義務があります。
豊かさに反映され、あたり前のように物が氾濫し、多くの不要物な(ゴミ)が生まれています。
豊かになった昨今だからこそ、多くの産業廃棄物が問題視されています。
埋める。焼却する。・・・では限界が来ています。
我々は従来の焼却による産廃処理とは全く異なる、滅菌分解処理による産廃処理システムを
導入することで、CO2を出さない完全なリサイクル処理を目指し
自然環境に貢献したいと思っています。
全ては、大きな財産である豊かな自然を残し、限られた資源を有効に活用するために。
そして、子供たちが明るい未来を過ごせるよう。
「地球と共存する」をテーマに、より一層の努力をしてまいります。
何卒、各位のご理解とご鞭撻をお願い申し上げます。

                                        代表取締役 山本 富士夫